株式会社 向山工場

最新設備と技術で製鋼から圧延まで鉄の進化を提供します。

製鋼設備

seikou

運び込まれた鉄くずが、新たな用途に姿を変えるとき。最新設備と機動力が鉄くずを溶かし、130mmの鉄棒に変わるまで。

 

seikou-2

■01 搬入 スクラップが運びこまれる

01-1トラックにより運び込まれたスクラップは全て計量された後、品質の検査を受けて等級別に保管されます。

01-2大型クレーンによりスクラップヤードへ

■02 スクラップを溶かし、不純物を取り除く

02-1検査を通ったスクラップは、大型クレーンでバケットに入れられ、電気炉へと運ばれます。
迫力あるバリバリッという大音響と共に、電極からアークが飛び、スクラップが溶解されていきます。その後、酸素と補助資材などが投入され、不純物が取り除かれます。

02-2スクラップのバケットへの装入

 

■03 電気炉出鋼

03-1電気炉で溶かされた溶鋼からサンプルをとり、成分検査を行います。
不純物が取り除かれた純度の高い鉄が、電気炉から出鋼され、レードルに流し込まれます。

 

03-2電気炉からの出鋼

■04 取鍋精錬設備 LF

04-1電気炉で酸化精錬したために一部酸化している溶鋼を還元し、成分を均一化しています。溶鋼はアルゴンガスを使って攪拌され、還元精錬および成分調整が行われます。
これにより目標成分に限りなく近い精錬ができ、品質の向上、コスト削減に繋がっています。

04-2LFでの精錬

■05 連続鋳造設備

05-1精錬された溶鋼は、タンディッシュに移された後、筒状のモールド(鋳型)に流し込まれて下降していきます。モールドは常時スプレー水によって冷却されており、溶綱は周囲から徐々に固まっていきます。
この連続鋳造の工程により、溶綱はゆっくりと130mm角の棒状に引き延ばされていきます。

 

05-2連続鋳造設備

■06 ビレット

06-1130mm角に成型された鋳片は、所定の長さに切断されてビレットと呼ばれる半製品になります。
ビレットは重量と長さをチェックしたのち、圧延設備へと送られます。

 

06-2連続鋳造機から続々と送り出される
ビレット

130mm角に成型された半製品(ビレット)の完成!

■製鋼設備一覧
建屋 6,700m²
電気炉70t(EBT方式)    トランス50MVA
直列リアクトル10MVA
1基
最適電力制御装置(ARMS) 1式
副原料投入装置(全自動式) 1式
取鍋精錬設備(LF)70t 12MVA 1基
LF用副原料投入装置(全自動式) 1式
レードル台車130t 1基
連続鋳造設備MC-63S型 4ストランド
アップカットシャー 4基
ビレット自動搬送装置(計量機付) 1式
起重機 130t/30t 1基
80t/25t 1基
50t/15t 1基
25t 1基
15t 1基
10t 1基
5t 2基
スクラップヤード 屋内 1,800m²
屋外 2,600m²
起重機 15t(L・M付) 4基
Return Top